ペットの美容と健康をテーマに、なんでも揃うペットの道具屋さん

ようこそ、ゲスト様

コラム トイレ・ケアのお悩み

~トイレ・ケアの悩み~
衛生的で健康な生活のためにこまめなケアを

今まで問題無くできていたトイレも、老犬になるとうまく出来なくなる場合があります。
愛犬の排泄物で身の周りのものを汚してしまうことがありますので、汚れても良い服などで介護すると良いでしょう。
水を飲む量やオシッコの回数を日々確認し、変化がないか日々確認することも大切です。
これらに変化がある場合は、病気の可能性も考えられるので、早めに獣医師に相談することをおすすめします。
また、家の中でトイレをしたがらない子もいます。
散歩までトイレを我慢する子でも、老犬になるとトイレが近くなってしまい、我慢できなくなることもありますので、家の中でもトイレができるようにしつけをしておくことも大切です。
老犬になると免疫力も低下してくるので、衛生面は更に注意が必要となります。
体のケアもこまめにしてあげましょう。

トイレのお悩み

決まった場所でトイレができない

老化によって足の力が衰え、トイレまでたどり着けなくなることがあります。
トイレの場所が1つの場合は、2つ・3つと場所を増やしてあげることで、トイレのしやすい環境を作りましょう。
ゲートなどを使い、日常の行動範囲を確認できるスペースに留めることも効果的です。
足の力が弱っている場合は、楽に歩ける環境を作ることも意識しましょう。
滑りやすいフローリングには、滑り止めマットを敷いたり、ワックスなどで滑らなくする等の対策を取りましょう。
マットを敷いた場合は、そこでトイレをしてしまう可能性もあるので、洗えるペットシーツなどを使用することもおすすめです。
足の力が更に落ち、立ち上がることが大変そうな際は、補助してトイレの場所まで連れていってあげましょう。
歩行補助ハーネスなどを使用することで、簡単に補助が可能になります。
水を飲んだ後など、愛犬のトイレパターンが決まっている場合やトイレに行きたそうにした場合に、その場所まで連れていくなどサポートしてあげましょう。
足の力が落ちていないのにトイレに失敗する場合は、トイレの場所が分からなくなっている可能性があります。
嗅覚が発達しているので、ニオイでトイレの場所が分かるよう誘導してあげましょう。
あらかじめペットシートに愛犬のオシッコを少量つけておくことも効果的です。
しつけ剤やしつけ用シーツなどでにおいをつけて誘引させるのも効果が期待できます。
キレイなシーツでしかトイレをしない子にはこのニオイ=トイレというものを用意しておくと良いでしょう。

トイレ後に体が汚れてしまう

トイレ後に動けなくなり、体などを汚してしまう子もいます。
トイレの後はできるだけ早く後始末をすることやその場所から愛犬を離してあげることを意識しましょう。
トイレに失敗して体や周りを汚しても決して怒ったりしない様、気を付けましょう。
体が汚れてしまった時は、ボディタオルなどでできるだけ早く拭きとり体をキレイにしてあげましょう。
衛生面に気を使い、オムツを利用することもひとつの選択肢となります。
オムツは清潔に保つよう、こまめにチェックし、汚れたらすぐに交換してあげましょう。

愛犬が自分でトイレができない

老犬になり筋力が落ちてくると、自分で排泄ができなくなることがあります。
このような場合は、トイレの時にワンちゃんが排泄姿勢を保つことができるよう、体を支えてあげましょう。
体を支えるのが難しい場合は、補助用のサポーターなどを使用することがおすすめです。
どうしても自力でトイレができない場合は、マッサージや圧迫で排泄を促します。
※犬の種類や個性によって、効果的な圧迫方法が違ってきますので、獣医師などの指導を仰ぎながら、適切な方法を覚えましょう。
※ワンちゃんが嫌がるようであれば、一度やめて時間を置くことも大切ですので、根気よくサポートをしてあげてください。

下痢をする、便秘になる

下痢をする様になったら病気の可能性も考えられますので、早めに獣医師に相談することが大切です。
病気ではない場合は、老犬になったことによる消化吸収力の低下が考えられます。
食事を消化に良いものに切り替えてみたり、一度の給与量を減らして、食事回数を増やすことも、内臓の負担軽減となります。
便秘の場合は、水分をいつもより多めに取らせること、繊維質の多いフードを与えるなどが良いでしょう。
おなかをやさしくマッサージ してあげることも方法の一つです。

血便が出る

血便が出ても1回であれば大きな問題が無い場合がほとんどと言われています。
腸の粘膜はちょっとした刺激でも剥がれやすく、便の周りに血が付く、下痢に血が混ざるといった症状が出ることがあります。
お腹の調子を整えるサプリメントを使用してみることも良いでしょう。
ただし、大量に血が混ざっている、元気がない、食欲がない、いつも便の周りに血が付く等の症状がある場合は、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

排泄の時にお尻が汚れてしまう

肛門周りの毛が長い場合は、肛門周りやしっぽの付け根あたりの毛をハサミやバリカンで短く刈り、汚れにくいようにしましょう。
※短くしすぎるのはかぶれやすくなりますので注意する必要があります。
お尻回りが清潔に保てているか、皮膚が赤くなっていないか確認しながら毛の長さを調整しましょう。
汚れた時は、ウェットティッシュ・ボディタオル・ドライシャンプー等を使って、軽くふき取るようにします。
強く拭くと皮膚を傷めるので注意しましょう。
汚れがひどい場合は、負担がかからないよう注意しながらシャワーで洗ってあげてください。
寝たきりの場合は、お風呂マットやすのこなどの上に寝かせ、頭が高くなるように斜めにしてシャワーをすると顔に水がかからず、ストレスを減らすことができます。

ケアのお悩み

お口回りのケア

老犬になると水を飲む量や唾液の分泌が減り、歯石ができやすくなり歯周病になりやすくなります。
歯周病になると治療も難しいため、歯周病にならないよう日常のケアが大切です。
慣れていない子には、デンタルおもちゃやデンタルガムで噛む行為を増やしたり、デンタルジェルやリキッドを使用して徐々にデンタルケアに慣れさせ、最終的に歯ブラシや歯みがきシートを使用していきましょう。
噛む力の低下により、固いものが食べれなくなるケースもあります。
そういった場合は、食事をお湯でふやかしたり、フードをやわらかいものに切り替えることを検討してください。
もし歯周病の疑いがある場合は獣医師と相談し、治療方法を良く相談しましょう。

皮膚・被毛のケア

グルーミングでは、皮膚被毛の清潔を保つだけでなく、血行促進、愛犬とのコミュニケーションのアップといった効果が期待できます。
愛犬の体調と相談し、無理のない範囲で実施しましょう。
皮膚が弱くなっている場合は、マッサージなどでやさしく血行促進を図ってください。
シャンプーをする場合は、負担軽減のために短い時間でシャンプーをしたり、滑りづらくなるよう滑り止め防止マットを使用するなどの配慮が必要です。
体調が良くないときは、シャンプータオルや拭き取りフォームなどを使用して体をきれいにしてあげましょう。
痒がる、必要以上に舐める、過剰に毛が抜けるといった症状が見られたら、皮膚になにかしらの異常がある可能性がありますので、皮膚の状態を確認し、必要に応じて獣医師に相談してください。